RPAにより業務の自動化を可能にしたこと

RPAは定型作業やバックオフィス業務をソフトウェアロボットが人に代わり、業務を代行して行ってくれる概念です。そして定型作業、つまり一定のルール化された手順がある業務がソフトウェアロボットが代行して行うことが可能な業務となります。AIは業務の手順を学習して理解したルールに沿って作業を代行することが可能ですが、RPAは「人間が決めたルールに従う、人間が決めたルールがあれば代行することが可能」というものなので、自動化を行う前にまず業務手順を決める必要があります。
 
こちらではRPAで業務の自動化を可能したことを株式会社 シジャム・ビーティービーが販売するRPAツールを使って自動化を可能にしてきた業務を例にご説明いたします。

RPAを使った自動化が可能な業務範囲とは

株式会社 シジャム・ビーティービーはRPAを使ってさまざまな業種、業態の企業様の業務の自動化を実現してきました。こちらでは、自動化した業務の内容とどのような方法や機能を使ってできたのかをご紹介します
 

ファイルのダウンロード業務をRPAで自動化
<業務内容>
決済システムからファイルをダウンロードし、所定のフォルダへ格納する業務を行っていました。
 
<RPAを使って自動化が可能なこと>
この業務をブラウザ操作機能とスケジュール実行機能を使って、自動的に決まった時刻にファイルをダウンロードするようにしました。
 
<RPAによる自動化の効果>
自動化されてからは業務のやり忘れがなくなり、やり忘れによって生じていた業務の遅れがなくなりました。またスケジュール実行を使っているので、完全に無人化の運用が可能になりました

給与明細をメールで送る業務をRPAで自動化
<業務内容>
所定のフォルダに格納されている給与明細をすべてパスワード付きの圧縮ファイルにし、メールに添付して決まったメールアドレスへ送信作業を行っていました。
 
<RPAを使って自動化が可能なこと>
ファイル圧縮機能とメール送信機能を使って、ファイル圧縮からメール送信までを自動化しました。
 
<RPAによる自動化の効果>
メールの送信漏れや誤ったメールアドレスへの誤送信がなくなり、作業ミスがなくなり作業内容を安定させることが可能になりました。

毎日行わないといけない日報の作成作業をRPAで自動化
<業務内容>
日報のためのデータをさまざまさシステムからダウンロードし、エクセルへ転記して日報を作成する業務を行っていました。
 
<RPAを使って自動化が可能なこと>
この業務をブラウザ操作機能とエクセル操作機能、スケジュール実行機能を使って、自動的に決まった時刻にデータを収集しエクセルに転記して日報を作成するようにしました。
 
<RPAによる自動化の効果>
自動化されてからは日報作成の作業がなくなった分ほかの業務を行うことが可能になりました。また作業数がへったことで、残業を減らすことが可能になりました。
 
JobAutoでは自動化の可能な範囲が幅広く、例としてあげたほかにもさまざまな業務の自動化をしています。

 

※ほかの自動化した業務の内容はこちら

RPAはAIと違う、ルール化された手順が必要

RPAが業務の自動化が可能な範囲は幅広いですが、ルール化された手順が必要です。RPAと似ているAIは自ら学習し分析と見直しを行うことが可能ですが、RPAはルール化された手順にのっとって業務を行うだけなので、人間がその手順を決める必要があります。そこで自動化のための手順のルール化の一例をご説明します。
 

RPAで自動化が可能であることを把握する
自動化を考えている業務のうち、どこまでRPAで自動化が可能なのかを把握しましょう。

RPAで自動化が可能なことを手順化する
RPAで自動化が可能であるとわかった範囲を手順にしましょう。繰り返し行う手順なのか、判断が入る手順なのか整理して明確にしておきましょう。

RPAでエラーが起きた場合を手順化する
RPAを運用中にエラーが発生した場合に、RPAにどのような振る舞いをさせるのかも決めておきましょう。エラーが発生した場合はもう一度再実行する、エラーが発生しても最後まで手順を行う、などが考えられます。

業務自動化の可能な範囲が広い株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツール「JobAuto」を

JobAutoは業務の自動化が可能な範囲が広いRPAツールです。しかし、自動化を検討している業務がはたして自動化が可能なのか、また業務のどこまでを自動化することが可能なのかを把握しておくことも大切です。
またAIとは異なりRPAは人間があらかじめ手順を決めておく必要があります。
自動化をご検討中の業務のうち、RPAで自動化が可能であるか、また自動化が可能なのはどの範囲までなのかを把握するためにも、JobAutoのトライアルを利用されてはいかがでしょうか。
 
株式会社 シジャム・ビーティービーではRPAツール「JobAuto」を提供しています。PC作業の自動化を検討している場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにお声がけください。

RPAツール・業務自動化に関するコラム一覧

RPAツールの導入・業務自動化をサポート!株式会社 シジャム・ビーティービー

会社名
株式会社 シジャム・ビーティービー


代表取締役
加藤大吾


住所
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町16−5

新日本橋長岡ビル6F


TEL
03-5614-0004


MAIL
jobauto@sijam.com


URL
https://www.jobauto.jp/

無料トライアルでJobAutoの有用性・運用性をお確かめください!

また無料の講習もご利用いただくことができます

Copyright 2018 jobauto@sijam.com

cookieについて