業務の自動化をするときRPAとシステム開発、どちらにすべき?優位性が大きいのはどっち?

​ホームコラム一覧 >業務の自動化をするときRPAとシステム開発、どちらにすべき?優位性が大きいのはどっち?

圧倒的なコストパフォーマンスJobAuto

業務を自動化するにはシステムを開発する方法やRPAを利用する方法が考えられます。それでは業務を自動化したいときに、システムの開発とRPAでは優位性が大きいのはどちらでしょうか。
RPAツール「JobAuto」を販売している株式会社 シジャム・ビーティービーがシステム開発とRPAを比較して、優位性が大きいのはどちらか、おすすめなのかをご説明します。

スピードがあるほうが優位性を大きく感じる。どちらが業務の自動化をはやく実現できる?

RPAとシステム開発を比較すると、どちらの方法が業務の自動化をはやく実現できるのでしょうか。業務の自動化をはやく実現できるのかという観点で優位性が大きいのはどちらなのかを比較してみたいと思います。

自動化実現までにかかる全体の時間はどちらが短い?
システム開発の場合、業務の手順を使用中のシステムへ機能を追加することで自動化を実現します。オリジナルで作成したシステムだと追加する機能だけを開発すればよいため、開発は短期間で終わります。しかしパッケージのソフトウェアや社外のWEBサービスを使用してい

る場合だと、機能追加などの変更を加えることができないため、オリジナルのシステムを新しく作成しないといけません。システムを一から新しく作成することになるため、開発期間はどうしても長くなってしまいます。
RPAの場合、使用中のシステムへ変更を加える必要はありません。行っている業務手順をRPAに設定することで自動化ができてしまうため、開発は短期間となります。業務手順の規模にもよりますが、早い時は半日で自動化ができてしまうこともあります。この実現スピードはシステム開発にはない魅力であり優位性が大きいと言えます。

自動化の設定作業への着手はすぐできる?
システム開発の場合、業務手順書があっても、オリジナルのシステムへの変更、またはオリジナルのシステムの開発となるため、システムへ搭載する機能や満たすべき性能などを明確にする要件定義から行います。RPAと異なり自動化に向けた開発作業を行う前の工程があるため、どうしても時間がかかってしまいます。
RPAの場合、自動化したい業務の手順書があれば、手順書をもとに自動化を行うことができます。手順書があればすぐに自動化のためのRPAの設定作業に着手できるため、スピード感のある自動化の推進ができるという点に優位性を大きく感じます。

自動化を実現するためのプログラム(設定)とテストの工程はどちらが短い?
システム開発の場合、コードを書かないといけないためプログラム作成に時間がかかります。またプログラムを作成した分だけテストを行う必要があります。作成したプログラムが多いほど、テストにも時間がかかってしまいます。
RPAはプログラムを行う必要はありません。RPAにパラメータを設定する作業を行うだけで自動化ができてしまいます。パラメータの設定作業だけのため短時間で自動化が可能です。またテストも業務手順通りにRPAが動いていることを確認するだけでよく、短時間でテストを完了させることができます。短時間で設定とテストを完了させることができるRPAの作業スピードは優位性が大きいと言えそうです。

コストが低いほうが優位性を大きく感じる。業務の自動化を実現するための費用はどちらがかかる?

同じ業務手順を自動化する場合、システム開発とRPAでは自動化を実現するためにかかる費用はどちらのほうが多いのでしょうか。自動化を実現するためのコストという観点で優位性が大きいのはどちらなのかを比較してみたいと思います。

業務の自動化のためにやることが多ければコストはかかる
システム開発の多くは要件定義・設計・プログラム作成・テストという作業を行います。それに対してRPAは作成とテストだけの少ない作業項目で自動化ができます。
業務の自動化のためにやることが多ければ、コストはその分かかって

しまいます。RPAのほうがシステム開発よりも低コストで業務の自動化の実現をできるため、優位性が大きいと言えます。

専門性の高い技術者が必要であればコストがかかる
システム開発の場合、専門性の高い知識を持つ技術者が必要です。それに対してRPAの場合、専門性の高い知識がなくても自動化のための設定作業をできるようになっているため、そのような技術者は必要ありません。
専門性の高い知識を持つ技術者のほうがそれにかかる人件費はどうしてもかかります。RPAのほうがシステム開発よりも低コストの人件費で業務の自動化の実現できるため、優位性が大きいと言えます。

内製で業務の自動化をできればさらに低コストに
システム開発の場合、専門性の高い知識が要求されます。内製でシステム開発を行う場合、専門性の高い知識を持つ人材を育成する、または新しく雇用することが必要です。専門性の高い人材の育成や雇用には時間や費用がかかってしまうため、外部のソフトウェア開発会社に発注して開発をお願いすることになります。それに対してRPAの場合、専門性の高い知識がなくても自動化のための設定作業をすることが可能です。RPAの使い方を覚える必要はありますが、専門性の高い知識を学習するよりは短時間で覚えることができます。
外部の会社にお願いするよりは内製で自動化を行ったほうが、自動化の実現にかかるコストをおさえることができます。RPAのほうがシステム開発よりも低コストの人件費で業務の自動化の実現できるため、優位性が大きいと言えます。

低コストで業務の自動化を実現するなら株式会社 シジャム・ビーティービーのRPAツールを

ここまで業務の自動化をするうえで、システム開発とRPAを比較するとRPAの優位性が大きいことをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。
RPAといっても様々な製品があり、それぞれに特徴があります。ここでは株式会社 シジャム・ビーティービーが提供するRPAツール「JobAuto」の特徴についてお話しします。

多くの機能を同一料金で利用可能
スケジュールによる自動実行を行う機能が標準でついており、別料金をお支払いいただく必要がありません(他社製品だと非常に高額な別

料金を支払わないと使えないケースが多いです)。せっかく業務の自動化を行ったのに、実行するときに人の手が介在しないといけないのは自動化したとは言えないですよね。

業務の自動化の実現までの時間が短い
操作方法を覚えてしまえば、短い時間で自動化をすることが可能です。自動化のために設定しないといけない項目は少なく、設定作業を効率よく進めることができます。また安定して動くため設定後の確認でエラーになることはほぼなく、エラーによる修正をなんども行う必要はありません。自動化の設定にかかる時間が短い、つまり低コストで自動化を実現することが可能です。

エラーが発生しにくい、発生しても対応にかかる時間が短い
安定して動くためエラーが発生しにくいです。仮にエラーが発生したとしても、エラー個所の特定や原因、修正にほとんど時間をとられません。またエラーの原因、対応方法がわからない場合はサポートへ問い合わせましょう。適切な対応方法を迅速に回答してくれるため、問題の解決にかかる時間が非常に短いです。これらのことからRPAを運用するコストを低く抑えることが可能です。

株式会社 シジャム・ビーティービーが提供するRPAツール「JobAuto」には低コストで業務の自動化を実現します。業務の自動化を検討中でシステム開発かRPAか判断に迷っている、低コストで実現をしたいという場合は、ぜひ株式会社 シジャム・ビーティービーにお声がけください。

RPAツール・業務自動化に関するコラム一覧

RPAツールの導入・業務自動化をサポート!株式会社 シジャム・ビーティービー

会社名
株式会社 シジャム・ビーティービー


代表取締役
加藤大吾


住所
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町16−5

新日本橋長岡ビル6F


TEL
03-5614-0004


MAIL
jobauto@sijam.com


URL
https://www.jobauto.jp/

無料トライアルでJobAutoの有用性・運用性をお確かめください!

また無料の講習もご利用いただくことができます

JobAuto

圧倒的なコストパフォーマンス

Copyright 2018 jobauto@sijam.com